バーってなんで入りづらいの?

行きつけのバーがあるってなんかいいですよね。
普段飲めないおいしいお酒が飲めたり、静かにゆっくりと自分のペースで飲めるのもそうですし、バーテンダーやその場で出会った人との会話を楽しんだり、お洒落な雰囲気を楽しんだり、バーの楽しみ方は色々あると思います。
でも、バーにはじめて行こうと思った時に

「バーって何となく入りづらいなぁ・・・」

って思う方は多いと思います。
僕自身もはじめてのバーは入るのに少し思い切りが必要な時があります。

あなたはバーに入ろうと思った時に、こんな不安を覚えませんか?
・バーの作法がわからない
・入り口がわかりづらかったり中が見えないから不安
・お酒を知らないからオーダーの仕方がわからない
・なんか高そう
・常連さんばっかりで歓迎されなかったらどうしよう

全然気にしなくていいですからねー
はじめて行く人はみんな不安なものですから。

バーの作法は、個人的には「一緒の空間にいる人たちに誠実に接すること」だけで十分な気がします。
「おすすめください。はNG」とか「カウンターに肘をついてはいけない」とか色々言われてますが、そこはそんなに大事じゃないと思います。
お店によってもルールは違うのでその時によってルールには合わせていけばいいと思います。
オーダーのときにお酒のことが分からないのは当たり前。全部分かって全部作れるならバーテンダーの意味って?なので分からなくていいんです。味のお好みを伝えてその中で勧めてもらえるものを選びましょう。ただ、完全におまかせにするのはいろんな意味でおすすめできませんが(笑)

なぜバーにはそういったルールがあったり、入り口が入りづらかったりするのかってのも理由があります。
バーは日常から離れた落ち着いた空間を作り、それを守っています。
そんな空間をお客様に提供できるためにちょっとしたルールがあって、入り口が入りづらいのもバーの雰囲気を守るためです。
バーには「止まり木」の意味があり、来ていただいたお客様がいかにくつろいで楽しく飲める空間を提供できるかを考えているだけなので、入り口が入りづらいからといって「一見さんは入ってくるな」って事じゃないですよ!

「一緒の空間にいる人たちに誠実に接すること」だけ気にしてあとはバーテンダーに身を委ねてみましょう。
気がついたら楽しいバーライフがはじまってますよ!