サントリーシングルグレーンウイスキー「知多」

当店に新しいウイスキーが入りました。
その名も「知多」
愛知県知多半島に建つ知多蒸留所で作られたシングルグレーンウイスキーです。
サントリーの有名な「響」のブレンドにも使われているそうです。

よくシングルモルトウイスキーという単語は聞かれますが、シングルグレーンウイスキーはあまり知られてないですね。

そもそもシングルグレーンって?という方に、まずシングルモルトウイスキーについてご説明します。
シングルモルトウイスキーとは、単一の蒸留所のモルト(麦)ウイスキーのみを使ったウイスキーの事。
山崎なら山崎蒸留所、白州なら白州蒸留所のモルトウイスキーのみを使っています。
竹鶴のようなピュア(ヴァッテッド)モルトウイスキーと呼ばれるものは複数の蒸留所のモルト原種を使っています。
ちなみにシングルカスクウイスキーはさらに一つの樽で熟成されたウイスキーをそのまま瓶詰めしている物です。
一般的な味の違いの傾向と言うと「シングルカスク」>「シングルモルト」>「ピュアモルト」の順で個性が強いと思って頂ければほぼ間違いないと思います。

そしてこの「知多」はそのシングルモルトのグレーンウイスキー版と言ったところでしょうか。
グレーンウイスキーと言うのは、トウモロコシや麦等(物によって異なる)を連続式蒸留機で蒸留されたもので、一般的にはマイルドな味になります。
もともとジャパニーズウイスキーはシングルモルトでもマイルドな物が多いですが、さすがはグレーンウイスキーと言うだけ知多は相当飲みやすいです。
ハイボール等にすればウイスキー初心者にも結構好まれるのではないでしょうか?

こういうタイプのウイスキーも好きです。

是非飲んでみて下さい。

tita