日本人のために作られたスコッチウイスキー”シーバスリーガルミズナラ”

今日は、ウイスキーファンの中では比較的有名なシーバースリーガルについてお話しします。

シーバスリーガルの歴史は、1909年にシーバスリーガル25年を発売した事から始まります。
発売して瞬く間にシーバスリーガルはアメリカの上層階級の間に広がり、人気のウイスキーとなりました。
禁酒法時代に一旦姿を消しましたが、1938年にシーバスリーガル12年の発売とともに復活。
2007年には25年も復活しています。

そんな歴史あるウイスキーですが、このシーバスリーガルに”日本国内限定”の物がある事をご存知でしょうか?
現在のマスターブレンダーであるコリンスコット氏が、ブランドの啓蒙活動の為に世界中を旅していた折、日本に訪れた際に日本の文化や職人技術に感銘と刺激を受け、日本の為に特別なブレンドを完成させ、作り上げたのが「シーバスリーガルミズナラ」です。
ブレンドの一部を、日本原産の希少なミズナラ樽でマリッジ(熟成後のふたつのお酒をブレンドして更に樽に戻して熟成させる手法)させているそうです。

肝心なお味の方ですが、非常に飲みやすい。
ウイスキー初心者にも自信を持ってお勧めできますし、余韻が長く残る香りと滑らかなテイストは、他のシーバスリーガルと違った深みがあります。

とってもバランスが良くておすすめです。
何より日本限定で作られているところが愛着湧きますよね。mizunara